« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月25日 (土)

今週のお花

今週のお稽古のお花です。

先週は、先生が「菊が綺麗だったから」と時期遅れの重陽の節句で、菊のお生花でした。

今週は、クリスマス用のお花!

100_0093  花材   ・ミリオンバンブー

       ・ヒベリカム

       ・クリスマスブッシュ

       ・ドラセナ 

 

嵯峨御流でいう<心粧華>、創作花態です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

花梨第2弾!

以前に <花梨って何にするの?> で書いたジュースに続き?、今日はジャムに挑戦してみました。

お酒の飲めない私には、やっぱりジャムが一番食べやすい方法かな~。

レシピは「Sweet kitchen」というブログを参考にさせて頂きました。

去年、全くの自己流で作ったものとはぜんぜん違うものになりました。

横着者の私は、圧力鍋で材料もだいたいの目分量でやっちゃいましたが、花梨の香りも残って まあまあの出来? だと思います。

少なくとも去年のものよりは、ずいぶんと美味しい!

ただ、出来上がりのジャムの色が「Sweet kitchen」にのせていらっしゃる写真とは、かなり違うのですけど・・・。

100_0091   まあ、自分が美味しかったらいいっか。

  自己満足! 

  

どうせ作るのなら’一気に作っちゃえ~’っと花梨10個を処理した為、指の付け根部分に包丁による水ぶくれが・・・。

花梨って、とっても硬いのでした。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月18日 (土)

今どきの高校生?

高校2年生の甥っ子のこと。

家のすぐ隣に住んでいて、ちょくちょく顔を見せていたんですが、ここ最近はご無沙汰ぎみ!

どうしているんだろう? と思って 弟(甥っ子の父親)に聞いたら、彼女が出来たらしい。

高1になって中学の時の彼女と別れて以来(私の知るかぎり)。

そんなものだよな~。じいちゃんばあちゃんandおばちゃんの顔見るより・・・。

今度家に来たら、いろいろ聞いてやろう! と待ち構えておりました。

今日久々に、修学旅行のお土産を持ってやって来ました。

彼女のこともあるけど、部活も忙しかったらしい。

それより私の一番気になっていたこと。 耳に穴を開けたらしい!

それも弟が言うには、指が入るような大きな穴!

アフリカかどこかの原住民の人がやっているような、垂れ下がった耳たぶを想像していた私は、甥っ子の耳を見てちょっと ホッ としました。

片耳に二つ開けていて、ピアスホールというのよりは大きいけれど、まだ普通の耳の形をしていました。ひとつの穴の方にはクギがささって・・・?!!

将来、後悔する日がくるぞ~。

なにを目指しているのやら・・・。

おばちゃんには、わかりません!

気持ちは優しく素直なごく普通の高校生だけど、やる事が私の高校生の頃には考えられない事をする。

いつまでも心は若い?つもりでいても、ジェネレーションギャップを実感!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月16日 (木)

「かつめし」憎し!

ここのところ体重の変化がなくて、停滞期か? と思っていたところ・・・。

なんと 一日にして、1キロ増えた!

昨日のランチ、あ~後悔!

大食漢の友人に誘われ、ご馳走してくれると言うので同じものを食べてしまった。 

それは、「かつめし」 !

ここ関西でもこのあたりが発祥のご当地メニューだそうな・・・。

昔から普通に知っていたメニューだから、このあたりだけのメニューだとは知らなかったんです。 何年か前にテレビのグルメ番組で「かつめしを広める会?」というのを見て知りました。

お皿に盛った白ご飯の上にポーク or ビーフのカツがのって、和風のデミグラスソースが掛かって、キャベツが添えてある。って感じなのがこのあたりで言う「かつめし」です。

フライ物であるうえに、カロリーの高そ~なソース! そこの店のは特に野菜が少なかった。

最初、その大食漢の友人は臨時収入があったから と言って 「もっと高いものにし~」 とか言っちゃってカロリーも高そうなものを進めた! 私がダイエットしていることを知っていて、友人自身もダイエットしないといけない体なのに・・・。

ぎりぎりの妥協をしての「かつめし」でした。

それともうひとつ体重が増えてしまった原因だと思うことが・・・。

毎日やっていたリハビリを 2~3日に一度になっているのです。

仕事の忙しさ?もあるけれど、この前ヤボ用で理学療法士の先生に連絡をとった時に

「力はあまり付け過ぎずにほどほどにやってください」

と返事があって 「どういうこと?」 って思いながら、その言葉通り?にほどほどになっているんです。

もうすぐ忘年会シーズンだから、まだ体重が増えるかも。

せめて増えた分を戻さないと?!?

まだまだだけど、長い時間をかけてせっかくここまでになったのに~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

せっぱ詰まってきました

お仕事のほうが、忙しくなってきました。

って 言うより、期間に余裕のあるお仕事で、前半にゆっくりし過ぎてせっぱ詰まってきてます。

たぶん?年末までは、あまりブログを更新する事が出来ません。

アクセスしてくださる方、ごめんなさい!

何か出来事が起きたら書くので、

たまには、のぞいて見てね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

傷が癒えてきました。

体の傷! 

変形性股関節症の手術から7ヶ月あまり、

じんましんの薬を飲んでいるせいか、ここのところ傷口のかゆみがあまりない。

赤くみみずばれのような線になっていたのが、点線状になってきている。

傷をはさんだ後側に肉が盛り上がった部分があって、戻るのかどうか心配!

ちょっとなめらかになったような気もするけど・・・。

私が勝手に思うには、手術時、骨までたどり着くのに脂肪が邪魔で後側に除けた為ではないか、な~ぁんて!

今まで私の手術の傷跡を先生は一度も見たことないんだけど、整形外科ではそんなものなの?

術後のチェックには、いつも他の先生(若い?)が廻ってきたし、

以前、子宮筋腫の手術をした時には患者が女性だけだからか、退院後の検診時にも毎回傷のチェックもあったけれど・・・。

でも、他の事は細かいことまで診てくれる先生です。 例えば、術後4ヶ月の検診では 「脚が外向きになってきているから、気をつけて」 とか、痩せたときはちゃんと気づいてくれました。

もうひとつ 心の傷!

18年一緒に暮らした我が子のような猫が亡くなって、もうすぐ7ヶ月、

この頃ようやく、思い出しても涙が出ることはなくなってきた。

入院中で死に目に会えなかったことが悔しくて・・・。

脚がヨロヨロすることがあって(私と同じ)けっして調子が良い方ではなかったのに、そんな時に入院してしまって・・・。

退院して家に帰った時は、’いない’ という事を受け入れられない!

トイレとか食器は処分されていたけど、お気に入りの居場所とかお気に入りのクッションとか   何を見ても涙・涙・・・。 眠る時にも一緒だったので、いつまでたってもベッドに上がってこないのを実感しては涙・。 大好きだった食べ物(その頃のはメロン)を食べては涙・。

大人になってから泣く事なんてなかったから、何十年分かの涙が出尽くした感じだった。

入院中に亡くなった事を知らされて (実際に知らされたのは亡くなってから2~3日後) 病院でも同室の方が心配されるほど大泣きしました。

今は、大好きだった食べ物(今からの季節は蟹)を食べても 「○○ちゃんがいたらな~」 とか 家族と話しながら食べたり、携帯の待ち受けにしている写真に 「おやすみ!」 とか、微笑みかけられるようになりました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 8日 (水)

花梨って何にするの?

うちの駐車場の一角に小さな家庭果樹園があって、狭いスペースに 柿、みかん、きんかん、サクランボ、そして 花梨 が植えてあります。

みかんは年によって、たくさん生ったり生らなかったり・・・。(今年は不作)

サクランボは実が生り出して2、3年で、年5~6個というところ。

その他は毎年順調に実が生るけれど、何の為にあるのかわからないのが、きんかんと花梨!

きんかんはジャムにしたりして、無理やり食べる。

でも 花梨 !

何年か前までは、母が花梨酒にしていたけれど、うちではお酒の飲める体質なのは、母だけ!

ジャムにしてもおいしくなく、ここ最近では、キッチンの芳香剤となっている。

でっ! 今年は ジューサーを買ったので、ジュースにしてみました。

とてもとても飲めたものじゃ~ない!

渋みが口じゅうからのどまで広がって、ひと口飲んだだけなのに、あとあとまで花梨の香りが・・・。口臭除去の効果はあるかも?

お酒以外に 花梨 って、何にするの?

家庭で食べる方法はあるの?

花梨が植えてある場所には、以前キウイがあって何故花梨になってしまったのかは、わかりませんが、私はキウイの方がよかったな~。ただ、そのキウイはすご~く酸っぱかった!

-----

<追記> (11月9日)

栄養とか体の事に専門知識のある友人が、生のかりんを食べると中毒を起こしたり下痢になる場合がある と教えてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土)

お花のお稽古再開

生け花(嵯峨御流)のお稽古を再開しました。

今日の花材は手始めとして最適!

お生花でなくて良かった。

100_0089_1  百合とストックとゴッドの応用花態です。

  

  

  

   

ちょうどお茶のお稽古中の方がいらっしゃっていて、お濃茶をいただきました。

久々のお濃茶、とっても おいしかったです。

お濃茶がおいしいと思えるのは、私にしてはすご~い進歩なのです。

最初はちょっと苦手で・・・。

うちの先生!お稽古といえども、抹茶の種類とか水にこだわり、薄茶にも濃茶用の(甘い)抹茶を混ぜています。

お茶を好きにさせる為の先生の策略か~?

おかげで、家の抹茶とかお茶会などでよそのお席で飲むお抹茶が苦く思えます。

”違いの解かる女”になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

ガーデニング

長い間、何も植わっていない土だけになっているプランターが並んでいるのが、気になってました。

父は庭木のお手入れは頻繁にするのに、花とか鉢植えには全く興味なく、ほったらかし!

それどころか、草引きの邪魔になる花は草と一緒に抜いてしまう!

ムスカリを地植えにしてコツコツ増やしてきて、新芽がちょろちょろ出ていたたのが、今日見ると何もない!

も~~~!

ムスカリと寄せ植えにしようと、ビオラを買ってきたのに~。

とりあえず、ビオラだけをプランターに植えた。

片松葉でかなり動きやすくなったとはいえ、プランターを引きずったり中腰になったりしたせいか、右ひざに違和感発生!

手術後に始めて正座をした時のような、ちょっとひねった感じ。

今はほとんど正座をする事がなく、椅子の生活になってしまっている。

正座も慣らしていかないといけないな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »